身体の仕組み、動作の仕組みを理解し、動作を改善する事で、障害予防・パフォーマンス向上に繋がります。
私自身、何度も怪我や痛みに悩まされ、辛い経験をしてきました。
小学2年生から野球を始め、高校では甲子園出場、社会人では軟式野球天皇杯に出場など、貴重な経験をさせてもらいました。
しかし、野球肘、野球肩、肩関節脱臼、腰痛、膝痛、捻挫、骨折など、多くの怪我に悩まされ辛い思いをしてきました。
なぜそうなったのか?
それは、怪我をする度に、「治すこと」だけを考え、「怪我をした原因は何か?」
を考えなかったからです。
正しい身体の仕組み、動作の仕組みを理解せず、感覚でプレーしていたことが間違いなく原因の一つです。
現在、YouTubeやインターネットなど、情報が簡単に手に入り、医療技術や道具の進化など、素晴らしい環境が整っている中、怪我が減少しているとは思えません。
医療が発達し、治せる病が多くなっても、道具が進化し、性能が良くなっても、人間本来の効率的な身体の使い方を理解し、機能・動作が改善されない限りは根本的な解決にはなりません。
そこで、何よりも大切な事は、動作の仕組み、身体の仕組み知ることであり、感覚ではなく、現象を捉え、原理原則に基づいた動作改善を行うことが大切です。
身体機能を整え、正しい動作を習得することが、障害予防、パフォーマンスアップへ繋がります。
まずは、自分の目標を確認し、現状はどうなのかを知ることから。
それから、課題や問題点を解決する方法を提案します。
一人一人に寄り添い、少しでも不安や不満の原因を解決出来るように、全力でサポートいたします。

所在地:〒904-0323 沖縄県中頭郡読谷村高志保429−4
電 話:098-914-3108